エアパス工法

太陽、風、地熱などの自然エネルギーを生かして

四季を通して快適で穏やかな住み心地。
夏冬ともに、過度な冷暖房に頼らず快適に過ごすことができる「エアパスの家」

高気密・高断熱住宅と違い、外の気候をいたずらに遮断するのではなく、

自然を優しく取り入れることで、夏涼しく、冬暖かい、各部屋に温度差のない住まいをつくります。

エアパス工法の効果
エアパス工法|我妻建設工業

夏涼しく冬暖かい

エアパス工法|我妻建設工業

寒いところがない快適さ

エアパス工法|我妻建設工業

押し入れに湿気がない

エアパス工法|我妻建設工業

室内の空気がさわやか

機械や設備不要のパッシブソーラーハウス「エアパス工法の家」
エアパス工法|我妻建設工業
エアパス工法|我妻建設工業

エアパス工法|我妻建設工業
エアパス工法|我妻建設工業
パッシブソーラーは、太陽熱や風を利用した自然型の方式です。「パッシブソーラーハウス」は、もっと広い意味での自然エネルギー利用を目的としています。特にエアパスの家は「断熱型壁体内通気工法」と「ソーラーハウス」の組み合わせでつくられています。通気層内にはエアパスダンパーと空気取入口を専用部材として取付け、太陽や自然のメカニズムを上手に利用して、冷暖房の使用を極力抑えて365日の快適生活を実現します。

エアパス工法|我妻建設工業

「高断熱・高気密住宅」と「エアパス工法の家」の違い。
エアパス工法|我妻建設工業

「エアパス工法の家」は3つの工法特性を併せ持った、より理想に近い住まいです。
エアパス工法|我妻建設工業
エアパス工法は、冬の日中の太陽熱を壁や屋根から壁体内に取り込んで蓄え、夜間に放熱して冬の夜の寒さを和らげ、補助暖房の使用を抑えます。また、夏は壁体内や小屋裏に入り込んだ熱を、小屋裏の一番高いところから排熱して、夏の暑さのピークをカットし、エアコンの使用を最小限に抑え、優れた省エネ効果を発揮します。

結露を抑えて健康生活。さらに住まいも長持ちされる。

住まいの大敵である湿気を抑えて、結露を防ぐことが、住む人の健康や住まいの耐久性に大きく貢献します。それでは具体的にどのようにすれば、結露を防げるのでしょうか。エアパスの家では2つの方法によって湿気を抑え、結露を防止しています。1つは、最も多くの水蒸気が発生する地盤面の湿気を抑えること。床下面全体を防湿シートで覆った上で、防湿コンクリートを敷設して湿気をシャットアウトします。そして、2つ目はエアパス工法による壁体内通気です。エアパス工法は、屋根・壁に外断熱を施して二重の通気層をつくり、床下から小屋裏への「風の道」をつくります。「風の道」は、家中の壁が連通しているため、湿気がこもる箇所がありません。こうして流れる空気に木材を触れさせることで、結露の発生を未然に防いでいるのです。

エアパス工法|我妻建設工業

まず、エアパス工法の実験と観測結果をご覧ください

エアパスグループによる実験棟(福島県)と当社施工「四季の家」(山形県米沢市)にて、室温測定を行い、エアパス工法の効果が証明されました。

エアパス工法|我妻建設工業
エアパス工法|我妻建設工業

エアパス工法は施工が命!検査員制度で施工レベルを高めています。
エアパス工法|我妻建設工業
協会本部より認定検査委員を派遣。施工の正確性を確保。
確かな施工技術がエアパスグループの誇りです。

壁体内の空気を循環させ「エアパス工法」の性能をしっかり確保するためには、制度の高い施工技術が必要です。その技術を高めるため、エアパスグループでは定期的な「施工研修会」を実施し、技術の研鑽に努めています。

エアパス工法|我妻建設工業
施工研修風景
エアパス工法|我妻建設工業
施工検査員の認定

エアパス工法だからできる
ゆとりの居室空間。


まずリビングは吹抜によって広々とした空間にできます。次に、2階のホールや子供室は、梁を現すことにより天井を高くして、広々とした空間にすることができます。エアパス工法の外張り断熱だからこそ広々としたゆとりある空間が確保できるのです。当社で施工した「四季の家」がテレビ番組に取り上げられました。動画も合わせてご覧ください。

四季の家の3つの魅力 -家族が快適に安心して過ごせ、子供の健やかな成長を育むために-

四季の家|我妻建設工業
四季の家|我妻建設工業
四季の家|我妻建設工業

お問い合わせ|我妻建設工業
  四季の家|我妻建設工業
お問い合わせ|我妻建設工業  お問い合わせ|我妻建設工業

土地・不動産情報|我妻建設工業