家づくりの原点を見つめて、伝統工法と先進技術を融合させた「100年架構の家」。

地域風土に根ざし、長く住み継げる「100年架構」の家。あえて大断面の梁を使わず「合わせ梁工法」を
採用し、間伐材の有効活用を考えました。